« 日記 SSとかweb拍手とか | トップページ | 新婚なの! 5-5 (1) »

新婚なの! 5-4 (3)

 
「ねぇ、ヴィータちゃん。お願いついでなんだけど」
「なんだ、言って見ろよ。言うだけならタダだぞ」
「うん。えっとね、私にも指輪。つけて欲しいなって」
「なんだ、そんなことか」
「う、うん。そんなことなの。お願いできる……?」
「ア、アタシにもしてくれたからな。ちゃんとよ、お返ししてやんねーと」
「じゃあ、今すぐね!」

 ゆっくり身体を離したかと思うと、いきなりそんな事を言う。
別に断る理由なんか無いし、なのはのヤツも妙なところで控えめだな。
……分からなくもないけどさ。
アタシがウンというと、直ぐにもう一つのケースを差し出してくる。
中には、自分の薬指に納まっているのと同じ、少しだけ大きさの違う指輪が入ってる。
指輪を取り出し、なのはがケースをテーブルの上に戻す。

「ほれ、左手出せ」
「う、うん。これで良いかな」
「よ、よし。はめるぞ」
「お願い、します」

 ヤバイ。やっぱり手が震える。
コレは分かるぞ。なのはの手も震えてるかもしんねーけど、確実にアタシの手が震えてる。
うぐぐ、こりゃ上手くはめてやれないかもしんないぞ。
いいや、そんなこと言ってる場合じゃないや。
ここは深呼吸一つ、落ち着いてするしかない。

「ヴィータちゃん、そんな緊張しなくたって」
「ば、ばっか言え。お前だって今のアタシ以上に緊張してたじゃねーか」
「えへへ、そうだったっけ」
「けっ、よく言うぜ。倒れちまいそうな顔してたくせによ」

 また、えへへーと笑うなのは。
さっきもそうだけどさ。こういう笑顔に敵わないの。
なんだかさ、ある程度のことならこれで許してやるかって思っちまう。
あんまワガママ言うようなら駄目だけどさ。それほどでもないし、これからも許したりすることになりそうだ。

「よ、よし。指、通ってく……って、あれ。どうなってんだ、これ?」
「どうしたの?」
「どうしてもこうしたも。第二間接から先に入っていかねーって」
「そ、そんなことないったら。私はちゃんとお店の人に測ってもらったんだもん。ほら、力が足りないんじゃないの?」
「お前さ。そんな力いれて捻じ込むもんじゃないだろ。ほれ、どうだ。ぐ、ぐぬ!」
「いた、いたたた! ど、どうしよう。本当に入らないよ」
「つーかさ。これ、第一間接通ったときからキツかったぞ?」
「えー。どうしてだろ……うーん、うーん。…………あっ、分かった」
「な、なにが原因だ」
「えっとね。多分ヴィータちゃんを力いっぱい抱きしめてたせいだと思う」
「なんでそうなるんだ?」
「力入れてるとそこが太くなったりしない? 一時的なことだけど」
「朝と夕方で背の高さとか足の大きさが違うようなもんか?」
「うん。多分そんな感じだと思う」
「そか。うんなら今は諦めるか? はまらないんじゃ仕方ないしよ」
「えー、やだ!」
「やだ!じゃない。……あー、そんな顔すんな。分かったよ。しょうがねーな」
「どうするの?」
「こうやって指をマッサージしてだな。こうだろ、こうして……最後に唾でも付けときゃ入る」
「あっ……!」
「こ、これでどうだ。ぐぬ、ぬぬ!う~ん……よし、入ったぞ。どうだ、なの……ってどうした」
「あ、えっと。その、それ」
「それってどれだ」
「いま、ヴィータちゃんが……キスした」
「は、はぁ!? そんなのしてねーだろ。唾つけただけじゃん!」
「だって口で直接に指を舐めたよ!」
「な、なな舐めたのとキスは別だ、別! その辺のとこ間違えるんじゃない!」
「でも、そんなこと言ったって舐める前に唇が、チュッて当たったよ」
「わざわざ効果音つけるな! そんな風に触ってないだろ!」
「そんなこと言ったって事実は変わらないもん。えへへー、ヴィータちゃんのキス~」

 こうなるとアタシの話には全く耳を貸さなくなる。
ニコニコじゃなく、だらしなく顔を緩ませて指輪をあちこちから見ている。
さっきのアタシと同じ風に。
何だか自分の行動を客観的に見せられてるみたいで、目を逸らそうとした瞬間。
とんでもないことしやがった。

「(むちゅ~)……んっ。ヴィータちゃんからこういう事してくれたことなかったもんね」
「だ、だから///! そういうんじゃないって言ってるだろ///!」
「照れない照れない。普段だって間接キスの一つや二つや三つぐらい普通じゃない」
「そうやって意識するのが変だろ!」
「どうして?」
「どうしてって、そりゃ。その……一緒に暮らしてて一々間接キスがどうとか言うかよ!」
「そう? 私はするな~。いつもしてたよ? 今、間接キスだなって」
「~~~///」
「でも、これからはあんまりしないようになるかもね」
「ど、どうしてさ」
「だって。結婚したんだもん」
「あ、あっそ///」
「もう~、照れない照れない。それともこれからも意識してほしかった?」
「そ、そういう自信満々なところがムカつくって言うんだよー! ぎゃー!」
「いた、痛い! そんな叩かないでったら~」
「あほ、ばか! なのはのバカたれ!」
「えへへ~、痛いな~。ヴィータちゃんったら~」
 
 
 


 新婚なの! 5-5 (1) >


 

|

« 日記 SSとかweb拍手とか | トップページ | 新婚なの! 5-5 (1) »

新婚なの!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日記 SSとかweb拍手とか | トップページ | 新婚なの! 5-5 (1) »